肌が弱い人の日焼け止め対策@二度塗り・重ね塗りの刺激が強い方法は無理

夏になると紫外線が強くなるので日焼け止めクリームを利用する人が多くなってくると思います。でも、中には肌が弱くて日焼け止めクリームは負担になってしまい逆に肌荒れを引き起こしてしまっている人もいます。

本来は、日焼け止めクリームをより効果的に使うために二度塗りや重ね塗りを使っている方もいるかもしれません。でも、肌が弱い人がそれをやるととてもじゃないけど負担になりますよね。

そこで、肌が弱い人の日焼け止め対策について解説していきたいと思います。最後には最新の日焼け止め対策を紹介するので乾燥肌や敏感肌、アトピー肌の人でも紫外線対策が出来るのでお勧めですよ!それをいち早く知りたい人は一気に一番下までスクロールしましょう!

肌が弱い人の紫外線基礎知識

肌が弱い人の紫外線対策のためには、まずは基本的な知識を身に着けるところから始まります。基礎知識がないとあなたに合った日焼け止めクリームを購入する事が出来ません。

紫外線には3種類があります。UVA、UVB、UVCの3つです。特に、UVAとUVBの紫外線対策は必須です。A波は真皮にまで浸透するのでコラーゲンを破壊してシワやたるみの原因を作ります。

B波はA波に比べると比較的浅い位置までしか影響を与えません。浅くなってヒリヒリとする日焼けです。これをサンバーンを起こすなんて言います。

この2つの紫外線対策をするためには、PAとSPFという値が重要になってきます。PAは紫外線A波を防御します。+が多いとそれだけ効果が非常に高いです。

SPFは、B波でSPFはンバーンを起こすまでに20分かかるという意味で使われています。SPF50といったら1000分まで持つ計算になります。

ここまでが基礎知識です。値が高いほど肌への負担が大きくなるので自分に合った物を試しながら選んでいくしかありません。

肌が弱い人の紫外線クリームはノンケミカル

日焼け止めの成分には2種類があります。紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の2つです。紫外線吸収剤は、肌の上で反応を起こすので肌に負担をかけてしまいます。

という事は、紫外線散乱剤を使用した方が、肌の上で反射させるので肌に優しいです。でも、酸化チタンなどを利用しているため乾燥しやすくなります。

そこで、吸収剤を付かならないものノンケミカルとして表示されています。肌が弱い人はノンケミカルの商品を一個一個試していって実際に肌に合うかのう実験が必要になってきます。

最近の日焼け止めはもう塗らない?

みなんさん知っていますか?最近の日焼け止め対策はもう塗らないんです!外国ではかなり一般的になってきて知らない人の方が少ないのではないかと思うぐらい一般的になっているとか?

最近のUVケアは「飲む日焼け止めサプリ」なんです。飲むだけで紫外線を内側から防御してくれるというんです。

飲む日焼け止めサプリに配合されているのがニュートロックスサンという成分で紫外線から受けたメラニン色素を発生すると活性酸素が発生します。これらをコントロールする事が出来て実際に日焼け止め効果があるとか?

海外ではヘルスケアとう商品が人気で医者に処方してもらないといけないです。日本でも皮膚科や輸入によっては購入が出来たります。

ですが、日本ではサプリメントとして販売しているところもあって普通にネットで購入する事が出来るようになっています。

これからは、「肌が弱くて日焼け止めクリームなんて塗れない!」と思っていた人が普通に日焼け止め対策が出来るようになってくるかもしれません。

ちなみに、日本で販売されている日焼け止めサプリが多くアマゾンや楽天で検索すれば簡単に出てきます。当サイトでも飲む日焼け止めサプリのサイトをご紹介します。

参考サイト:飲む日焼け止めサプリお勧めランキング特集|インナーケアで紫外線対策

飲む日焼け止めサプリのメリットとは?

飲む日焼け止めサプリは、肌が弱い人だけではありません。日焼け止めクリームの場合は数時間たつと塗り直しが必要ですよね。

でも、飲む日焼け止めサプリならその必要がありません。飲むだけなのでとても手軽です。出かける30分前に飲めばそれだけのケアで十分です。

顔に日焼け止めを塗るとテカってしまうのが嫌だという人もいますが、サプリメントなら一切関係がありません。

そういった意味でも、飲む日焼け止めサプリは重宝されます。夏になれば海やプールにいくでしょう!汗や水に強いウォータープルーフを利用するかもしれませんが、使った後のクレンジングがとても大変です。

でも、飲む日焼け止めならクレンジングの必要もありませんし、水や汗で落ちてしまう心配もありません。こう聞くとメリットばかりですが、デメリットもあります。

完璧に紫外線をブロックする事が出来るわけではありません。影響が受けるので日ざしに浴び過ぎるのはやっぱり良くないんです。出来る限り日ざしに当たらにように日陰に入ったりしないとやっぱり焼けてしまうので完璧ではないので勘違いしないでください。

日焼け止めクリームだって、同じ事が言えますよね!飲む日焼け止めサプリだって同じことがいえるんです。たまに、併用して使う方がいますが、紫外線のブロックのし過ぎは骨を弱らせる結果になるので注意が必要です。